Top > 太陽光 > 太陽光発電は設置2016年中に設置すべき

太陽光発電は設置2016年中に設置すべき

 

太陽光発電は設置2016年中に設置すべき なぜなら太陽光発電システムの売電価格は、毎年安くなってるからです。 2015年の住宅用太陽光売電価格(10Kw未満)は33円/kwh〜35円/kwhでしたが2016年は31円/kwh〜33円/kwhと下がっており、この傾向は、今後も続いていくとみられます。 売電価格が下がっていくのに何故、設置すべきなのか 再生可能エネルギー買い取り法案が可決してから、売電価格は年々下がっていますが、売電契約を結べば10年間は政府が買い取り価格を保証しているため、早めに設置するほど、メリットは大きくなります。 太陽光パネルの設置費用は年々安くなっているので売電価格が下がっていても設置費用が安いため10年は利益が見込めます。 「太陽光発電の売電価格が今年も下がった」というニュースの見出しだけをよく見ますが既に太陽光発電を導入した人には影響のない話です。 固定価格買取制度のため住宅用なら10年間、産業用なら20年間、設置契約時の売電価格で売電することができます。 平成28年度の売電価格で住宅用太陽光発電を導入すればこれから10年間ずっと31円(もしくは33円)できるのです。 自治体からの補助金もいつ打ち切りなるかわかりません。しかし、いまならまだ間に合います。補助金がまだあり、設置費用も価格も低下しており、売電価格が年々下がっている状況と2016年に太陽光発電を契約すれば設置費用を5年から7年で回収できその後は完全な黒収支となります。の売電価格はすべてあな設置費用の回収に5年から7年かかることを考えれば2016年度は設置の最後のチャンス?といっても過言ではありません。 また、収入の他に停電時や災害時は貯めた電力を使ったり、家庭でまかなう電気料金も太陽光発電で貯めた電気で補えるためメリットはさらに大きいといえます。

太陽光発電の体験談!各業者の口コミ、評判まとめ掲示板

 

太陽光

関連エントリー
太陽光発電は設置2016年中に設置すべき
カテゴリー
更新履歴
胸筋とダンスエクササイズでスポーツはOK(2018年5月21日)
一刻も早くパソコンを直したい!(2017年9月29日)
tpoも人によってです。(2017年8月23日)
理想を高く持っている人(2017年8月22日)
結婚を考えるまでの過程は十人十色(2017年8月17日)